株式会社ジオ・アカマツ

沿革

沿 革
1968~ 創 業
1968

大阪市中央区において創業。資本金2,500千円。各府県・市・商工会議所主催の商業調査・診断・指導に参画。(主として専門店設計とショッピングセンター計画の事業推進・監理を行う)

1975

市街地再開発事業における商業計画および商業者指導を行う。

1977

商業近代化・共同店舗化事業などの計画・指導。街づくり事業における計画にあたる。

1979

大阪市中央区南船場に本社移転。

1983

再開発事業における商業計画で商業コンサルを認知させる。

1985

東京事務所を開設。(首都圏における本格的業務体制を確立)

1988

高度化事業など制度事業に本格的に参画。

1990~ ウォーターフロント開発型・ニュータウン地区SCプロデュースに多数参画
1992

創業者赤松良一黄綬褒章受章。

1995

CI導入により社名変更。赤松店舗研究所からジオ・アカマツへ。
阪神大震災後復興事業に参画(神戸市長田区、灘区、宝塚市、西宮市等)

1999

海外企業との連携を図りグローバルな活動を実施。

2000~ 量販店系大型店撤退によるリニューアル事業の機会が増大、PM事業本格参入 
2001

初の本格的海外事業として、韓国ソウルの商業開発プロジェクトに参画

2002

商業施設に特化したプロパティマネジメント事業に進出。J-REIT設立に伴うプロパティマネジメント業務を受注。

2003

東京事務所 四谷より神田淡路町へ移転

2004

商業施設再生プロジェクトを推進

2006

韓国・中国におけるプロジェクト受注拡大
野村武彦(元社長)黄綬褒章受章

2007

野村不動産グループ入り

2008

ソウル事務所を開設

2009

韓国ソウル最大級の複合商業施設「タイムズスクエア」オープン

2010~ 野村不動産グループ事業として商業施設開発を強化
2010

日本橋室町野村ビルYUITO(野村不動産開発)の商業プロデュース

2011

プロパティマネジメント運営体制の強化
大阪事務所 南船場より野村不動産四ツ橋ビルへ移転

2012

「アル・プラザ城陽」増床リニューアルに伴い、本格的モール運営を開始。平和堂の運営体制をサポート。

2013

グループ大型共同開発事業「相模大野プロジェクト」推進。
東京事務所 淡路町より野村不動産西新宿共同ビルへ移転

2014

本社を大阪事務所から東京事務所へ変更。資本金243,000千円に増資。

pagetop