株式会社ジオ・アカマツ

外国公務員贈賄防止基本方針

1.贈賄行為の禁止 Prohibition of Bribery

野村不動産グループの役職員は、外国公務員に対し、直接的または間接的に行うかにかかわらず、いかなる形式の賄賂(金額の多寡を問わない)を提供してはならない。
No director, officer or employee of Nomura Real Estate Group shall, directly or indirectly, provide any type of bribe, regardless of the amount, to a foreign public official.

2.各国の諸法令の遵守 Compliance with Laws of Each Country

野村不動産グループの役職員は、外国公務員に対し、直接的または間接的に行うかにかかわらず、日本または相手国の諸法令に抵触するような接待、贈答その他の利益の供与、申込又は約束を行ってはならない。
No director, officer or employee of Nomura Real Estate Group shall, directly or indirectly, give, offer or promise any entertainment, gift or other advantage to a foreign public official in contravention of the laws of Japan or any other country.

3.記録化の義務 Recordkeeping Obligation

外国公務員に対する支払い行為、接待、贈答の全てについて、適切に記録しなければならない。
Any payment or gift to, or entertainment of, a foreign public official must be appropriately recorded.

4.教育・研修の実施 Education and Training

野村不動産グループは、本指針をもとに、外国公務員に対する贈賄の未然防止および業務遂行の適正性を保持するため、役職員に対して教育・研修を定期的に実施する。
On the basis of this policy, Nomura Real Estate Group will periodically implement education and training of its directors, officers and employees to ensure the prevention of bribery of foreign public officials and the appropriateness of operations.

pagetop